投資実績

【運用状況】2021年6月現在のポートフォリオ

2021年6月の資産合計は1,572,453円(前々月比+257,530円)になりました。

5月の配当金はベライゾン(VZ)、アルトリアグループ(MO)、プロクター&ギャンブル(PG)3社から合計36.70ドル(4,000円)、税引き後26.38ドル(2,875円)受け取りました。

相場に大きな動きはなくウォルマートとベライゾンを除く8銘柄がプラスとなっております。

今回は6月現在の運用状況とポートフォリオについて説明していきます。

2021年6月現在の運用状況

資産推移

6月1日現在の運用状況は1,572,453円 (前々月比+257,539円)になりました。

株式、投資信託、預かり金それぞれの変化は下記の通りです。

  • 米国株式:1,047,790円→1,572,453円(前々月比+257,530円)
  • 投資信託:264,745→381,709 円(全前月比+116,964円)

【資産推移】

保有している10銘柄の内、8銘柄がプラスになるなど株価は順調に伸びています。

毎月話していますが、あくまで含み益は売却しなければ得ることはできません。株式投資は1年や2年の短い期間でみるのではなく10~20年の長い期間でみていくことが大切です。

損益率

3月のポートフォリオ損益率は0.15%でした。

ジョンソンエンドジョンソンが+2.45%、ベライゾンが-2.47%にはなりましたが、各銘柄にそれほど大きな変化は見られませんでした。

エクソンモービルの+60%が突出したリターンになっていますが、ほかの銘柄も概ね好調です。

ベライゾンは4月、5月で2か月連続買い増しいていますが、プラス域には届いておりません。

長期間保有する前提で購入しているので、短期間の収益はあまり気にする必要はありません。

購入銘柄

2021年6月はベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の株式を一株56.29ドルで11株、約622.24ドル(約67,824円)買い増ししています。

ベライゾンは最新の決算発表で予想を超える結果となりましたが、AT&TやTモバイルに後れをとっています。ベライゾンを含む3社は市場で通信事業を独占しているので、心配はありません。

ポートフォリオ

銘柄比率

ベライゾンを2か月連続で買い増しているので、エクソンモービルとベライゾンが全体の4割を占める形になっています。ジョンソンエンドジョンソンやコカ・コーラなど5銘柄は昨年の9月以降は一度も買いましていないので、今後は検討していこうと思います。

セクター別比率

ベライゾンを購入したことで通信サービスが20%まで増えています。生活必需品が変わらず全体の4割を占めてます。

生活必需品セクターはディフェンシブな銘柄ですが、大きなリターンは望みにくい点があります。

年齢を考えるともう少しリスクをとってもいいと思っています。

Visa(V)やマスターカード(MA)など金融セクターへの投資も考えています。

2021年6月配当金

配当実績

P&G(PG)、アルトリアグループ(MO)、ベライゾンコミュニケーションズ(VZ)、3社から合計36.70ドル(4,000円)、税引き後26.38ドル(2,875円)の配当金を受けとっています。

これまでの通算の配当金は税引き後で153.33ドル(16,721円)まで増えています。

少しづつではありますが雪だるま式に増えているのを感じます。

これからも愚直に投資を続けていきます。

まとめ

2021年6月の資産合計は1,572,453円(前々月比+257,530円)になっています。

トピックスは以下の通りです。

  • ベライゾンの買い増し
  • 保有9銘柄でプラス域
  • 配当は累計で1万円を突破

今後は銘柄数を増やしながら分散していこうと思っています。

年内には目標の200万円に到達できるように愚直に投資を続けていきます。

それではまたお会いしましょう。

これまでの資産推移は以下の通りです。

年数資産合計前月比
2021/112,300,166円+235,645円
2021/102,064,521円+80,059円
2021/91,984,462円+48,447円
2021/81,936,015円+202,552円
2021/71,733,643円+161,190円
2021/61,572,453円+257,530円
2021/41,314,923円+230,904円
2021/31,084,019円+75,473円
2021/2922,407円+161,612円
2021/1846,934円