投資実績

【運用状況】2021年7月現在のポートフォリオ

2021年7月の資産合計は1,733,643円(前々月比+161,190円)になりました。

6月の配当金はウォルマート(WMT)、ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)、エクソンモービル(XOM)、IBM(IBM)、マクドナルド(MCD)の5社から合計55.80ドル、税引き後40.13ドル受け取りました。

先月に引き続き8銘柄が含み益を出しています。

今回は7月現在の運用状況とポートフォリオについて説明していきます。

2021年7月運用状況

資産推移

2021年7月の資産合計は1,733,643円(前々月比+161,190円)になりました。

株式、投資信託の変化は下記の通りです。

  • 米国株式:1,194,844円→1,283,376 ,円(前月比+88,532円)
  • 投資信託:389,125円→454,000円(前月比+64,875円)

【推移グラフ】

50万円の原本から9か月で170万まで増やすことができました。

配当込みの含み益は27万円程度なので、まだ資金が増えている感覚はありません。株式投資に長く居続けることで、大きなリターンを出すことができるので、今後も愚直に投資を続けていきます。

損益率

6月の損益率は-0.33%の着地となっています。アルトリアグループが-5.23%と大きく落としたこともあり、ポートフォリオ全体に影響しています。

【6月銘柄別損益率

6月の損益率は-0.33%となっています。

アルトリアグループ(MO)が-5.23%で全体の大きく影響を与えています。

保有銘柄は生活必需品セクターが多く、ディフェンシブなポートフォリオになっています。

大きな下落もないので、長期保有に適した銘柄となっています。

【通算銘柄別損益率】

通算ではエクソンモービルが+73.24%と大きなリターンを出しています。他の銘柄に関してもプラスのリターンを出しています。

含み益は売却するまでは手にすることはないので、一喜一憂する必要はありません。

大切なことは暴落局面で積み上げたものを崩さないことです。

購入銘柄

2021年7月もベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の株式を一株56.19ドルで10株買い増しています。

毎月最終金曜日に個別株を購入していますが、保有銘柄に大きな動きがないので、バランスを整えることができていません。

まだ1銘柄あたりの保有数が少ないので、1回の買い付けでポートフォリオのバランスが変わってしまいます。

株価の動きは誰も予測できないので、機械的に購入していくことをおすすめします。

ポートフォリオ

ベライゾンコミュニケーションズを購入しているので、ポートフォリオで最大の保有数となっています。今後はジョンソンエンドジョンソンやコカ・コーラなどディフェンシブな銘柄の保有割合を大きくしていきます。

セクター別比率

ベライゾンコミュニケーションズやエクソンモービルの保有割合は大きくなっていますが、依然として生活必需品セクターが最大となっています。

ヘルスケアセクターの割合が少ないので、ジョンソンエンドジョンソンの買い増しを行っていきます。

セクターに関する記事はこちらです。

2021年6月配当金

配当実績

6月の配当金はウォルマート(WMT)、ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)、エクソンモービル(XOM)、IBM(IBM)、マクドナルド(MCD)の5社から合計55.80ドル、税引き後40.13ドル受け取りました。

まだ配当金も少ないですが、買い増しを続けることで徐々に大きくなります。

高配当銘柄に投資を続けて福利効果を実感していきましょう。

まとめ

株式投資は長く市場にいることで大きなリターンを出すことができます。

資本主義社会では投資は絶対必要になってきます。一握りの優良銘柄を愚直に保有していきましょう。

これまでの資産推移は以下の通りです。

年数資産合計前月比
2021/112,300,166円+235,645円
2021/102,064,521円+80,059円
2021/91,984,462円+48,447円
2021/81,936,015円+202,552円
2021/71,733,643円+161,190円
2021/61,572,453円+257,530円
2021/41,314,923円+230,904円
2021/31,084,019円+75,473円
2021/2922,407円+161,612円
2021/1846,934円