個別株

【GOOGL】YouTube課金者5,000万人越えのアルファベット決算について解説

現地時間26日にGoogleの親会社であるalphabetが第3四半期決算を発表いたしました。

売上高は5四半期連続で過去最高を更新する結果となっています。

今回はalphabetの最新決算について解説します。

決算概要

alphabetの3Q決算の内容は以下の通りです。

  • 売上:651.18億ドル(前年比+41%)
  • 純利益​:189.36億ドル(前年比+68%)
  • 営業利益:210.31億ドル(前年比+88%)
  • 1株利益:​27.99ドル(前年16.40ドル)

alphabetの3Q決算は売上、純利益ともに市場予測を上回る好決算となっています。

YouTube広告も好調で売上は前年比+43%の72億ドルに上っております。

「YouTube Premium」、「YouTube Music」の課金者数はトライアルを含み5,000万人をこえました。

YouTube広告の72億ドルは競合するNetflixの売上74億ドルに匹敵しています。

セグメント別にみると以下の通りです。

出所:alphabetHP

セグメント別では「Google広告」の売上高が前年比+43%の531億ドルとなっています。

「YouTube Premium」のサブスクリプションなどを除く、広告以外の売上は前年比+23%の23%増の67億ドルとなっています。「Google Cloud」の売上高は前年比+45%の49億ドルでした。

主力の広告全体は+43%、クラウドサービスの「Google Cloud」は+45%の成長となっています。

クラウドサービスを展開しているIBMの記事はこちらです。

世界的な人手不足やサプライチェーン問題が広告主の支出削減につながりました。

Googleでは影響したのは自動車関連の広告収入減収だったので影響は小さかったようです。

株価推移

過去5年間の株価推移は以下の通りです。

alphabetの株価は5年間で+1,966.61ドル(239.96%)となっています。

S&P500指数に連動したVOOのリターン(114.81%)を大きく上回っています。

1年間に限るとGAFAMの中でトップの成長率となっています。

主力の「Google広告」は依然として高い成長率となっており、「YouTube広告」や「Google cloud」なども好調です。

クラウド事業はAmazonやMicrosoftに後れを取っているものの高いシェアを維持しています。

YouTube広告は 「YouTube Premium」、「YouTube Music」 などのサブスクリプションモデルを確立することで安定した収益を確保することができます。

トライアルを含めた課金者数は全世界で5,000万人をこえています。

alphabetの株価は2,700ドルをこえており、購入するには30万円程度用意する必要があります。

そこでおすすめなのはETFです。

alphabetやアップルに分散投資することができるQQQやVOOなどがおすすめです。

QQQに関する記事はこちらです。

業績推移

5年間の業績推移は以下の通りです。

alphabetは過去5年間で右肩上がりに成長しています。Google広告だけでなくYouTube広告やクラウド事業も好調に推移しています。

クラウド事業ではAmazonとMicrosoftが全体の50%を占めており、同社のシェアは10%程度しかありません。

YouTube広告は課金者が5,000万人を超えており、同社の売上を大きく底上げしています。

独占禁止法などGoogleが抱える問題はいまだ解消されていません。

アップルの動きにも注意が必要です。

まとめ

Googleの親会社であるalphabetの最新決算について解説してきました。

決算のポイントは以下の通りです。

  • 売上、純利益ともに市場予測を上回る好決算
  • 売上5四半期連続で過去最高を記録
  • YouTube課金者が5,000万人を突破
  • 今後はクラウド事業のシェア拡大がポイントになる

alphabetの業績は右肩上がりに成長しています。

Google広告やYouTube広告など安定したビジネスモデルを確立しています。

今後はクラウド事業を拡大させることがポイントになりそうです。

▼【QQQ】GAFAMにまとめて投資ができるQQQについて解説

【QQQ】GAFAMにまとめて投資ができるQQQについて解説GAFAMにまとめて投資ができるQQQについて解説しています。QQQはナスダック100指数に連動したETFです。GAFAMの組み入れ比率は40%をこえています。株価は5年間で230%の成長しています。GAFAM投資の最適性はQQQです。...

▼【セクター解説】米国株のセクター別おすすめ銘柄と特徴について解説

【セクター解説】米国株のセクター別おすすめ銘柄と特徴について解説米国企業は11セクターに分類されています。それぞれの特徴を理解することで投資に関する理解が深まります。セクターごとの特徴と代表銘柄を解説します。...