配当金

【2021年】年間配当金まとめ

2022年の米国市場は主要指数を更新するなど、好調なスタートとなっています。S&P500は2019年から3年連続で二桁成長を記録しており、資産を増やした人も多いのではないでしょうか。

遅くなりましたが、今回は2021年に受け取った配当金を振り返っていきたいと思います。

▼【運用実績】2022年1月現在のポートフォリオに関する記事はこちらです。

【運用実績】2022年1月現在のポートフォリオを公開2022年1月現在の運用実績は 2,558,859円(前月比+249,540円)となっています。 1月4日から米国市場は取引が開始されています。開始初日から主要指数が過去最高を記録するなど好調な相場が続いています。...

【2021】年間配当金まとめ

年間配当金の総額

2021年は449.10ドル(税引き後325.31ドル)の配当金を受け取りました。年間で約37,000円なので、月ベースだと3,000円程度です。

配当金は株式を保有しているだけで受け取ることができます。

月3,000円の配当金があれば通信費、10,000円あれば光熱費、200,000円あれば生活が可能になります。FIREは配当金が生活費を上回る状態になれば達成可能になります。

月別配当金の推移

月別配当金の推移は以下の通りです。

個別株投資は9銘柄を運用しており、3月・6月・9月・12月に受け取る配当金が多くなっています。2月の配当金が極端に少なくなっていますが、【VZ】ベライゾンコミュニケーションズ、【PG】P&Gを買い増しているので、こちらは差が少なくなる見込みです。

銘柄別配当金

銘柄別の配当金は以下の通りです。

2021年は【XOM】エクソンモービルと【VZ】ベライゾンが全体の50%を占めています。IBM株は全て売却済みになっているので、2022年は受け取ることはありません。

IBMの売却に関する記事はこちらです。

2022年見通し

2021年に受け取った配当金は全て再投資をしています。配当金を再投資することで福利効果を最大化させることができます。

2022年の配当金見通しは以下の通りです。

銘柄ティッカー年間配当(ドル)税引き後(ドル)
フィリップモリスPM50.0035.86
ベライゾンVZ153.60110.16
ジョンソン&ジョンソンJNJ32.3223.18
コカ・コーラKO63.8445.78
マクドナルドMCD11.047.92
アルトリアグループMO75.6054.22
プロクター&ギャンブルPG34.7924.95
ウォルマートWMT22.0015.78
エクソンモービルXOM133.7695.93

2022年の年間配当金は576.95ドル(税引き後413.77ドル)となっています。※増配・減配は考慮していません。

コカ・コーラやP&Gなど、優れた配当能力を持っている銘柄で構成されているので安定しています。配当能力が優れた企業は爆発的な成長は期待できませんが、長期的な増配が期待できます。

特にコカ・コーラは投資初心者にもおすすめの銘柄となっています。

【初心者向け】個別株を買うならコカ・コーラをおすすめする3つの理由についてコカ・コーラは投資初心者におすすめな米国企業です。圧倒的な知名度や安定した売上が期待できる投資初心者おすすめの銘柄です。今回はコカ・コーラがおすすめな理由について解説します。...

2022年は金融緩和政策の縮小が始まりますので、これまでのような株高は期待できない可能性があります。株価が下落する局面では配当金は心の支えになります。株価が下がれば、利回りは高くなるので、下落局面で買いますことが重要です。

おすすめ投資先

配当金を受け取ることができるのは個別株だけではありません。そこでおすすめしたいのが「ETF」です。ETFは個別株とは異なり、手軽に分散投資することができるので、投資の原則である「長期・分散・積立」をすることができます。

分散能力が優れているので、個別株のようなリスクはかなり低くなります。

バンガード社が運営している「VYM」や「VIG」は優れた投資先になります。

【ETF】高配当ETFのVIGとVYMについて解説今回は高配当ETFの「VIG」と「VYM」について解説しています。VIGは10年以上連続で増配している272社で構成されています。VYMは20年以上連続で増配している415社で構成されています。...

まとめ

2021年は449.10ドル(税引き後325.31ドル)の配当金を受け取りました。受け取った配当金は全て再投資しているので、生活費に充てることはありません。

株式を購入→配当金を増やす→増えた配当金を再投資するサイクルを継続することで資産を最大化させることができます。

個別株が心配であれば、ETFも選択肢になるでしょう。

年末に振り替えられるようにこれからも邁進していきます。

▼【セクター解説】米国株のセクター別おすすめ銘柄と特徴について解説

【セクター解説】米国株のセクター別おすすめ銘柄と特徴について解説米国企業は11セクターに分類されています。それぞれの特徴を理解することで投資に関する理解が深まります。セクターごとの特徴と代表銘柄を解説します。...

▼【初心者向け】米国株配当ETF13銘柄について徹底比較

【初心者向け】米国株配当ETF13銘柄について徹底比較今回は配当能力が高いETF13銘柄を比較してきました。2022年は金融緩和政策が縮小される見通しになっています。テーパリングが進めば株式市場は弱気相場に移行して、株価が下落する公算が大きくなっています。...