配当金

【配当金生活】2021年6月に受け取った配当金について

2021年6月に受け取った配当金について解説していきます。

配当金は株を持っているだけで受け取れる「不労所得」です。2020年から個別株に投資を始めて配当金を受け取るのは9か月目を迎えました。

受け取った配当金の累計は266.92ドル(税引き後193.46ドル)となっています。

時給換算すると大した数字ではないと思いますが、お金が働いていることを実感します。

配当金を再投資しているので、生活費を補えている感覚はありません。

しかし配当金を再投資することで資産は確実に増えていきます。高配当株ETFのSPDR Portfolio S&P 500 Highは執筆時に配当利回り6.09%です。これを毎月3万円を30年間積み立てると、配当金は年間300万円近くになります。※税金は考慮しない

年数積立金額年利配当金運用金額
(年数)(万円)(%/year)(万円)(万円)
1606.09464
21246.098132
31916.0912203
42636.0916279
53396.0921359
107946.0948843
151,4066.09861,492
202,2296.091362,364
304,8196.092935,113

配当金を再投資することで資産が増えるスピードは速くなっていきます。

毎月5万円でもつみたてることで30年後には年間300万円の不労所得を得ることができます。

月々24万円あれば生活することも可能になります。

株式投資は長く市場にいることでリターンを最大化させることができます。

2021年6月配当金

配当金

2021年6月はエクソンモービルを含む5社から55.80ドル(税引き後40.13ドル)の配当金を受け取っています。

税引き後で40ドルは過去最高の金額となっています。エクソンモービルやIBMなど保有数が多い銘柄が重なる6月や12月は受け取る金額が多くなっています。

保有している銘柄は高配当株が中心となっているので、安定して支払われています。

10銘柄で年間458ドル(税引き後328ドル)受け取る計算になるので、月3,000円収入があがったような感覚になります。

エクソンモービルの配当に関する記事はこちらです。

保有銘柄配当利回り

ポートフォリオ全体の配当利回りは4.17%となっています。

ベライゾンコミュニケーションズの買い増しが続いているので配当利回りも高くなっています。

【銘柄詳細】

銘柄セクター利回り配当金増配期間
フィリップモリス生活必需品4.77%1.2012年
ベライゾンコミュニケーションズ電気通信4.41%0.638年
IBM情報技術4.42%1.6321年
ジョンソンエンドジョンソンヘルスケア2.49%1.0158年
コカ・コーラ生活必需品3.04%0.4258年
マクドナルド一般消費財2.17%1.2912年
アルトリアグループ生活必需品7.26%0.8613年
プロクター&ギャンブル生活必需品2.44%0.8764年
ウォルマート生活必需品1.59%0.5548年
エクソンモービルエネルギー5.42%0.870年
2021/6/17 時点

P&Gやコカ・コーラは50年以上増配を続けている配当貴族です。

インカム投資家が保有したいおすすめ銘柄となっています。

2021年11月現在のポートフォリオに関する記事はこちらです。

まとめ

2021年6月の配当金はエクソンモービルを含む5社から55.80ドル(税引き後40.13ドル)受け取っています。エクソンモービルやアルトリアグループなど配当利回りが高い銘柄を保有していることで受け取る配当金も高くなっていきます。

配当金を再投資することで福利効果を最大化することができます。

SPYDを毎月5万円つみたてすることができれば30年後に年間300万円の配当金を受け取ることができます。

一握りの優良銘柄を長期保有することで資産を最大化させていきましょう。

▼【初心者向け】米国株配当ETF13銘柄に関する記事はこちらです。

【初心者向け】米国株配当ETF13銘柄について徹底比較今回は配当能力が高いETF13銘柄を比較してきました。2022年は金融緩和政策が縮小される見通しになっています。テーパリングが進めば株式市場は弱気相場に移行して、株価が下落する公算が大きくなっています。...

▼【ETF】高配当ETFのVIGとVYMに関する記事はこちらです。

【ETF】高配当ETFのVIGとVYMについて解説今回は高配当ETFの「VIG」と「VYM」について解説しています。VIGは10年以上連続で増配している272社で構成されています。VYMは20年以上連続で増配している415社で構成されています。...