配当金

【JNJ】ジョンソンエンドジョンソンの優れた配当能力について解説

9月9日にジョンソンエンドジョンソンから配当金3.18ドル(税引き後2.30ドル)を受け取りました。

前回同様1株あたり1.06ドルとなっています。ジョンソンエンドジョンソンは昨年の9月から保有しており、配当金を受け取るのは今回で4回目になります。

11月にIBMを売却して同社の株を買い増ししています。買い増しに関する記事はこちらです。

今回は【JNJ】ジョンソンエンドジョンソンの優れた配当能力について解説します。

【JNJ】ジョンソンエンドジョンソンについて

ジョンソンエンドジョンソンは米国に本社を置く、製薬、医療機器その他のヘルスケア関連製品を取り扱う多国籍企業です。日本ではバンドエイドやマウスウォッシュなどを展開しています。

ジョンソンエンドジョンソンはヘルスケアセクターに含まれているので、景気に左右されにくい特徴があります。

ヘルスケアセクターに関する記事はこちらです。

概要

ジョンソンエンドジョンソンの概要は以下の通りです。

ティッカーシンボルJNJ
社名ジョンソンエンドジョンソン
CEOアレックス・ゴルスキー
設立1886年1月
業種精密・医療機器
時価総額4,344.05億ドル
セクターヘルスケアセクター
売上高825.84億ドル
配当利回り2.57%
配当月4,7,10,12
従業員数134,500

ジョンソンエンドジョンソンは米国に本社を置く、ヘルスケア関連商品を取り扱っている多国籍企業です。同社は「医薬品」「医療機器」「日用品」の3部門で事業展開しているので、どんな局面でも安定した売上をあげることができます。

安定した売上のおかげで59年連続増配を行うなど、配当能力はとても優れています。

ジョンソン&ジョンソンの配当に関する記事はこちらです。

株価推移

過去5年間の株価推移は以下の通りです。

ジョンソンエンドジョンソンは過去5年間で株価は+49.95ドル(43.39%)となっています。S&P500指数に連動したVOOは+235.77ドル(123.13%)なので半分程度の成長率です。それでも同社の株価は右肩上がりに成長しています。

8月には上場来最高値の179ドルを記録しています。同社の最新決算では市場予想を下回ったことで株価は下落しましたが、業績通期見通しを引き上げるなど明るい材料が多いです。

新型コロナワクチンの開発はファイザーやモデルナに遅れをとっております。ワクチン需要により株価は過去1年間でモデルナ+400%、ファイザー+26%と大きく成長しています。

同期間でジョンソンエンドジョンソンは+18%と、コロナワクチン特需を享受することができませんでした。逆に言えばコロナワクチンに頼ることなく成長しているということです。

業績推移

過去5年間の収益グラフは以下の通りです。

ジョンソンエンドジョンソンは安定した収益と純利益をあげています。しかし2020年はコロナショックの影響により医療機器部門の売上がおおきく落ち込んでいます。

それでも2021年の売上見通しは925億ドル~933億ドルから928億ドル~933億ドルへ引上げられて、前年比+12%程度の成長が期待できそうです。

また同社の営業CFMは26~28%と高い水準で推移しています。一般的に15%以上を継続できている企業は健全かつ、利益を継続して生み出すことができるので、20%をこえる同社は安定したビジネスモデルを展開していることがわかります。

1株あたり配当と増配率

1株あたりの配当と増配率は以下の通りです。

ジョンソンエンドジョンソンの増配率は6%前後で推移しています。コロナショックでも増配率を落とさなかった同社の配当能力はとても高いです。

過去5年間の平均増配率は6.17%でコカ・コーラ(4.45%)、P&G(3.45%)を上回っています。配当性向は45%と低く、配当余力は十分にあります。財務状態は健全で長期の増配を今後も期待できます。

配当貴族の銘柄と比較してみます。

ティッカーJNJPGKO
連続増配期間59年65年59年
過去5年増配率6.17%3.45%4.45%
過去10年増配率6.55%5.19%6.45%

P&Gやコカ・コーラなど米国を代表する銘柄でどちらも配当貴族です。

10年平均では差がありませんが、両社は下落しています。成熟企業はこのように増配率が下がる傾向ですが、ジョンソンエンドジョンソンは近年も安定しています。

まとめ

ジョンソンエンドジョンソンは59年連続増配しています。成熟した企業は増配率が低くなる傾向がありますが、同社は6%前後で推移しています。

同社は「医薬品」「医療機器」「日用品」の3事業を100か国以上展開しています。安定したビジネスモデルによって継続的な増配が期待できます。

▼【初心者向け】米国株配当ETF13銘柄に関する記事はこちらです。

【初心者向け】米国株配当ETF13銘柄について徹底比較今回は配当能力が高いETF13銘柄を比較してきました。2022年は金融緩和政策が縮小される見通しになっています。テーパリングが進めば株式市場は弱気相場に移行して、株価が下落する公算が大きくなっています。...

▼【ETF】高配当ETFのVIGとVYMに関する記事はこちらです。

【ETF】高配当ETFのVIGとVYMについて解説今回は高配当ETFの「VIG」と「VYM」について解説しています。VIGは10年以上連続で増配している272社で構成されています。VYMは20年以上連続で増配している415社で構成されています。...