配当金

【配当金】ウォルマートから配当金を受け取りました

9月9日にウォルマートから配当金5.50ドル(税引き後3.97ドル)を受け取りました。

前回同様1株あたり0.55ドルとなっています。ウォルマートは昨年の9月から保有しており、配当金を受け取るのは今回で4回目になります。

保有株数は10株ですが、配当利回りは1.51%とポートフォリオで最も低い銘柄となっています。ウォルマートの連続増配は48年目を迎えています。

今回はウォルマートの配当能力について解説します。

1株あたりの配当と増配率

過去10年の1株あたり配当と増配率は以下の通りです。

ウォルマートの増配率は2014年から2021年まで1.89~2.73%と低い水準が続いています。ウォルマートのような成熟企業は増配率が低くなる傾向があります。

直近5年の増配率は平均2.11%でポートフォリオの中で最も低いです。

ウォルマートの同業他社と比べると以下の通りです。

会社名ウォルマートクローガーターゲット
ティッカーWMTKRTGT
連続増配47年15年53年
過去5年増配率2.11%11.50%4.42%
過去10年増配率6.26%13.39%12.67%

ウォルマートの増配率は同業他社に比べるでも低いことがわかります。特にバフェット銘柄でもあるクローガーは増配期間では他の2社に劣っていますが、増配率は群を抜いています。

収益推移

ウォルマートの過去5年収益は以下の通りです。

ウォルマートは売上額で世界最大の企業です。

ウォルマートのビジネスモデルは実店舗はもちろんですが、e-コマースや有料会員制サービス「ウォルマート+(プラス)」などを展開しています。

会員制ビジネスはコストコでも取り入れられていますが、安定した収益モデルとなっています。

過去5年の営業キャッシュフロー・マージンです。

2017年2018年2019年2020年2021年
収益(百万ドル)485,873500,343514,405523,964559,151
純利益(百万ドル)22,76420,93721,95721,46826,948
営業CF(百万ドル)31,67328,33727,75325,25536,074
営業CFM(%)6.52%5.66%5.40%4.82%6.45%

ウォルマートの営業キャッシュフローマージンは4~6%と低いです。スーパーマーケットのような業種は高い利益を望むことは難しいです。

株価推移

株価は右肩上がりに成長しています。昨年末に記録した150ドル付近まで再度上昇しています。

これは上場来最高値になるので、2015年の50ドルを考えると5~6年で3倍まで成長しています。

株価の成長により配当利回りは下がっています。

近年の増配率を考えると、今後も大きな成長は期待するのは難しいと思います。

コストコやクローガーなど増配率が高い成長企業への投資の方がリターンは大きくなるかもしれません。

まとめ

今回はウォルマートの配当能力について解説しました。

特徴は以下の通りです。

  • 48年連続増配
  • 過去5年間の増配率は2%前後で推移
  • 営業CFMは5%前後で推移

ウォルマートは生活必需品セクターで景気に左右されにくいディフェンシブな銘柄です。安定した業績で配当能力も高いです。

株価が上昇しているので配当利回りは低いですが、今後も増配を続けていくでしょう。ウォルマートの他にも生活必需品セクターは配当能力が高い銘柄が多いので、参考にしてください。

生活必需品セクターに関する記事はこちらです。

それではまたお会いしましょう。