ETF

【VDC・VHT・VPU】米国セクター別ETFを徹底比較

これから投資を始める方におすすめしたい金融商品が「ETF」です。ETFは個別株とは異なり、手軽に分散投資することができるので、投資の原則である「長期・分散・積立」をすることができます。

例えばS&P500指数に連動した「VOO」は米国企業の大型企業500社で構成されているので、分散能力がとても高いといえます。他にも米国市場に上場している4,000社で構成されている「VTI」やナスダック100で構成されている「QQQ」や高配当ETFの「VIG」などが人気です。

ETFを販売している運用会社は「バンガード」や「ブラックロック」などがあげられます。特にバンガード社が運用しているETFは経費率が低く、種類も豊富なので人気があります。

投資初心者におすすめしたいバンガードETFに関する記事はこちらです。

今回はその中でもディフェンシブなセクターで構成されている「VDC」「VHT」「VPU」について解説します。

バンガードETFについて

バンガード社が運営するセクターETFは全11種類ありますが、今回はディフェンシブなセクターである「生活必需品」「ヘルスケア」「公益事業」のETFについて解説します。

セクターに関する記事はこちらです。

それぞれの特徴を理解して投資先を決めてください。

【VDC】【VHT】【VPU】概要

VDC、VHT、VPUの概要は以下の通りです。

ティッカーシンボルVDCVHTVPU
セクター生活必需品ヘルスケア公益事業
構成銘柄数10145768
純資産(単位B:10億)6.2B16.7B5.0B
直近配当利回り2.19%1.38%3.23%
経費率0.10%0.10%0.10%
1年トータルリターン11.34%19.97%4.52%
3年トータルリターン12.30%16.23%9.67%
5年トータルリターン10.46%16.54%11.02%

●【VDC】バンガード・米国生活必需品セクターETF→米国・生活必需品セクターの101社で構成

●【VHT】バンガード・米国ヘルスケアセクター ETF→米国・ヘルスケアセクターの457社で構成

●【VPU】バンガード・米国公益事業セクターETF→米国・公益事業セクターの68社で構成

VDCは生活必需品セクターに分類されている101社で構成されています。配当利回りは2.19%とやや高い水準で推移しており、安定した配当金を受けとることができます。株価は過去5年間で+59.22ドル(45.32%)となっています。

VHTはヘルスケアセクターに分類されている457社で構成されています。配当利回りは1.38%と他の2本に比べると水準で推移しています。株価は過去5年間で+129.39(100.61%)となっています。

VPUは公益事業セクターに分類されている68社で構成されています。配当利回りは3.23%と高い水準で推移していますが、株価の伸びはいまいちです。株価は過去5年間で+45.30ドル(44.42%)となっています。

株価比較

VDC、VHT、VPUの過去5年間株価推移は以下の通りです。

前述したように株価はVHTが大きく上昇しています。生活必需品、ヘルスケア、公益事業は景気に左右されにくいディフェンシブなセクターになっているので、不景気に力を発揮します。

【VDC】バンガード・生活必需品セクターETF

【VDC】バンガード・生活必需品セクターETFは101社で構成されています。

VDCの特徴は以下の通りです。

  • 生活必需品セクターの101社で構成
  • 配当金は3年連続で増配している
  • コロナショックの暴落率は-23%
  • 株価はVHTをアンダーパフォームしている
  • P&Gやコカ・コーラなど高配当銘柄で構成

【VDC】構成銘柄

【VCD】バンガード・生活必需品セクターETFの構成銘柄は以下の通りです。

ティッカーシンボル社名構成比率
PGP&G13.22%
WMTウォルマート8.36%
KOコカ・コーラ8.35%
PEPペプシコ8.01%
COSTコストコ7.71%
PMフィリップモリス4.22%
MDLZモンデリーズ3.68%
MOアルトリアグループ3.40%
ELエスティローダー3.14%
CLコルデート2.67%

高配当銘柄の代表的なP&GやKOが含まれています。生活必需品セクターは連続増配が長い企業が多く配当は安定していますが、成熟しているので爆発的な成長は期待できません。

【VDC】1株あたりの配当と増配率

【VDC】バンガード・生活必需品セクターETFの1株あたりの配当と増配率は以下の通りです。

VDCは3年連続で増配しており、過去5年間の増配率は5.93%となっています。

【VHT】バンガード・米国ヘルスケアセクターETF

【VHT】バンガード・ヘルスケアセクターETFは457社で構成されています。

VHTの特徴は以下の通りです。

  • ヘルスケアセクターの457社で構成
  • コロナショックの暴落率は-25%
  • 株価はVDC・VPUをアウトパフォームしている
  • J&Jやアボットなど高配当銘柄で構成

【VHT】構成銘柄

【VHT】バンガード・ヘルスケアセクターETFの構成銘柄は以下の通りです。

ティッカーシンボル社名構成比率
UNHユナイテッドヘルス7.07%
JNJJ&J6.97%
TMOサーモフィッシャー4.04%
PFEファイザー3.98%
ABTアボット3.72%
MRKメルク3.62%
LLYイーライリリー3.37%
ABBVアッヴィ3.29%
DHRダナハー3.25%
MDTメドトロニック2.62%

高配当銘柄の代表的なJ&Jやアッヴィが含まれています。ヘルスケアセクターは配当能力もすぐれており、株価上昇も期待できる優秀なセクターです。

インカムゲインとキャピタルゲインの両方を期待できます。

【VHT】1株あたりの配当と増配率

【VHT】バンガード・ヘルスケアセクターETFの1株あたりの配当と増配率は以下の通りです。

VHTの過去5年間の増配率は14.26%となっています。コロナウイルスの影響によって2020は減配となっていますが、平均的に高い増配率を維持しています。

【VPU】バンガード・公益事業セクターETF

【VPU】バンガード・公益事業セクターETFは68社で構成されています。

VPUの特徴は以下の通りです。

  • 公益事業セクターの68社で構成
  • コロナショックの暴落率は-32%
  • 株価はVHTをアンダーパフォームしている

【VPU】構成銘柄

【VPU】バンガード・公益事業セクターETFの構成銘柄は以下の通りです。

ティッカーシンボル社名構成比率
NEEネクステラ・エナジー15.34%
DUKデューク・エナジー7.19%
SOサザン6.05%
Dドミニオン・エナジー5.61%
EXCエクセロン4.76%
AEPアメリカン・エレクトリック・パワー3.88%
SREセンプラ・エナジー3.55%
XELエクセル・エナジー3.19%
PEGPSEG2.95%
AWKアメリカン・ウォーター・ワークス2.90%

公益事業セクターは電気・ガス・水道などインフラサービスを提供しているので、景気に左右されにくいディフェンシブなセクターです。

【VPU】1株あたりの配当と増配率

【VPU】バンガード・公益事業セクターETFの1株あたりの配当と増配率は以下の通りです。

VPUの過去5年間の増配率は5.01%となっています。コロナショックでも増配できているで配当能力は高いですが、公益事業セクターは株価の爆発的な伸びは期待できません。

セクター別パフォーマンス

セクター別パフォーマンスは以下の通りです。

Novel Investor Sector Returns TableSource: novelinvestor.com

セクターETFは上記と同じリターンではありませんが、おおむね同じ値動きになりやすいです。生活必需品、ヘルスケア、公益事業セクターは景気に左右されにくいディフェンシブなセクターとなっているので、リターンは安定しています。

2021年のような好調な相場では他のセクターに見劣りしますが、長期的に保有するのであればこれらのディフェンシブセクターは有効な投資先になります。

まとめ

今回はセクターETFの「VDC」、「VHT」、「VPU」について解説してきました。

●【VDC】バンガード・米国生活必需品セクターETF→米国・生活必需品セクターの101社で構成

●【VHT】バンガード・米国ヘルスケアセクター ETF→米国・ヘルスケアセクターの457社で構成

●【VPU】バンガード・米国公益事業セクターETF→米国・公益事業セクターの68社で構成

それぞれ景気に左右されにくいディフェンシブなセクターとなっているので、長期投資に適しています。

ETFを選ぶ際に参考にしてください。

▼【初心者向け】米国株配当ETF13銘柄に関する記事はこちらです。

【初心者向け】米国株配当ETF13銘柄について徹底比較今回は配当能力が高いETF13銘柄を比較してきました。2022年は金融緩和政策が縮小される見通しになっています。テーパリングが進めば株式市場は弱気相場に移行して、株価が下落する公算が大きくなっています。...

▼【ETF】高配当ETFのVIGとVYMに関する記事はこちらです。

【ETF】高配当ETFのVIGとVYMについて解説今回は高配当ETFの「VIG」と「VYM」について解説しています。VIGは10年以上連続で増配している272社で構成されています。VYMは20年以上連続で増配している415社で構成されています。...