投資信託

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2021 」結果発表されました

2022年1月22日に「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2021」の表彰式がオンラインで開催されました。

Fund of the Year 2021に選ばれたのは、三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」でした。これで同ファンドは3年連続の受賞となっています。

今回は「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2021 」で選ばれたトップ10のファンドについて解説していきます。

SBI証券の新ファンド「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド」について解説SBI証券から登場した「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド」について解説しています。SBI証券のVシリーズは低コストで運用できる人気シリーズです。今回は初めて全世界を投資対象にしたファンドになっています。...

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2021 」について

今回選ばれたファンドは以下の通りです。

順位ファンド名運用会社
1位eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)三菱UFJ国際投信
2位ニッセイ外国株式インデックスファンドニッセイアセットマネジメント
3位バンガード・トータル・ワールド・ストックETFバンガード
4位eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)三菱UFJ国際投信
5位iFree レバレッジ NASDAQ100大和アセットマネジメント
6位eMAXIS Slim 先進国株式インデックス三菱UFJ国際投信
7位セゾン・バンガード・グローバル バランスファンドセゾン投信
8位楽天・全米株式インデックス・ファンド楽天投信投資顧問
9位たわらノーロード先進国株式アセットマネジメントOne
10位SBI・V・全米株式インデックス・ファンドSBIアセットマネジメント

1位に選ばれた「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」は3年連続の受賞となっています。eMAXIS Slimシリーズは低コストで運用可能な人気ファンドです。

世界中の企業約3,000銘柄で構成されており、信託手数料は年0.1144%とSBI・VT(年0.1438%)、楽天VT(0.212%)を下回る金額となっています。

三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slimシリーズ」はS&P500、先進国インデックスを含め3本が トップ10入りしています。

1位:eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

Fund of the Year 2021に選ばれたのは、三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」でした。概要は以下の通りです。

名称eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
運用会社三菱UFJ国際投信
投資対象ACWI】MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス
構成銘柄数約2,300社
純資産額3,893.01億円
販売開始2018.10.31
申込手数料0円
管理費用0.1144%
総経費率0.178%

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、三菱UFJ国際投信の人気商品となっています。信託手数料は年0.1144%とSBI・VT(年0.1438%)、楽天VT(0.212%)を下回る金額となっています。

2010年代は米国IT企業が世界経済をけん引してきましたが、同じ状況がこれからも続く保証はありません。世界中の企業に投資をしたい人におすすめの商品となっています。

2位:ニッセイ外国株式インデックスファンド

2位に選ばれたのは、 ニッセイアセットマネジメントのニッセイ外国株式インデックスファンドでした。概要は以下の通りです。

名称<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
運用会社ニッセイアセットマネジメント
投資対象MSCIコクサイ・インデックス
構成銘柄数約1,300社
純資産額3,452.36億円
販売開始2013.12.10
申込手数料0円
管理費用0.1023
総経費率0.160%

ニッセイ外国株式インデックスファンドはニッセイアセットマネジメントが運営している人気ファンドです。日本を除く先進国22ヵ国に上場する大~中型株約1,300銘柄で構成されています。

信託手数料はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の0.1144%を下回る、0.1023%となっています。設定時の0.39%から段階的に手数料を引き下げているのも特徴です。

3位:バンガード・トータル・ワールド・ストックETF

3位に選ばれたのは、バンガード社が運用している、バンガード・トータル・ワールド・ストックETFでした。概要は以下の通りです。

名称バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
運用会社バンガード
投資対象バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
構成銘柄数約9,300社
純資産額2.74兆円
販売開始2008.06.26
管理費用0.08%

【VT】バンガード・トータル・ワールド・ストックETFはバンガード社が運営しているETFです。経費率は驚異の0.08%となっています。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は2,300銘柄で構成されていますが、VTは9,000銘柄に分散投資しています。

楽天証券では買付手数料が0円になるキャンペーンを常時開催しているので、管理手数料0.08%のみで運用することが可能です。

楽天証券のキャンペーンに関する記事はこちらです。

4位:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

4位に選ばれたのは、三菱UFJ国際投信が運用している、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)でした。概要は以下の通りです。

名称eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
運用会社三菱UFJ国際投信
投資対象S&P500インデックスマザーファンド
構成銘柄数約500社
純資産額9,057.99億円
販売開始2018.07.03
申込手数料0円
管理費用0.0968%
総経費率0.124%

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は米国大型企業500社で構成されています。管理費用は0.0968%なので、eMAXIS Slimシリーズで最も低い設定となっています。

楽天証券では買付、積立設定件数ランキング1位の人気ファンドとなっています。

5位:iFree レバレッジ NASDAQ100

5位に選ばれたのは、大和アセットマネジメントが運用している、iFree レバレッジ NASDAQ100でした。概要は以下の通りです。

名称iFree レバレッジ NASDAQ100
運用会社大和アセットマネジメント
投資対象NASDAQ100指数の値動きの2倍程度
構成銘柄数100社
純資産額1,526.82億円
販売開始2018.10.19
申込手数料0円
管理費用0.99%
総経費率1.162%

iFree レバレッジ NASDAQ100は米国のNASDAQ100指数を対象にしたレバレッジ型ファンドです。NASDAQ100指数の値動きの2倍程度になるように設定されています。

NASDAQ100はNASDAQに上場する約3,000銘柄のうち、金融関連の銘柄を除いた時価総額の大きい上位100銘柄で構成されています。NASDAQ100は【AAPL】アップルや【MSFT】マイクロソフトなど米国を代表する企業で構成されています。

レバレッジは上昇局面では強さを発揮しますが、下落局面では損失も大きくなる可能性もあるので、投資初心者にはおすすめできません。

NASDAQ100に投資するのであれば、【QQQ】インベスコQQQトラスト・シリーズ1がおすすめです。

6位:eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

6位に選ばれたのは、三菱UFJ国際投信が運用している、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスでした。概要は以下の通りです。

名称eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
運用会社三菱UFJ国際投信
投資対象MSCIコクサイ ・インデックス
構成銘柄数約1,300社
純資産額2,797.94億円
販売開始2017.02.27
申込手数料0円
管理費用0.1023%
総経費率0.146%

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスはニッセイ外国株式インデックスファンドと同じく、日本を除く先進国22ヵ国に上場する大~中型株約1,300銘柄で構成されています。

信託手数料は0.1023%に設定されていますが、総経費率はeMAXIS Slim 先進国株式インデックスが0.146%とニッセイ外国株式インデックスファンドの0.160%を下回っています。

7位: セゾン・バンガード・グローバル バランスファンド

7位に選ばれたのは、セゾン投信が運用している、セゾン・バンガード・グローバル バランスファンドでした。概要は以下の通りです。

名称セゾン・バンガード・グローバル バランスファンド
運用会社セゾン投信
投資対象株式50%、債券50%
純資産額1,905.55億円
販売開始2007.03.15
申込手数料0円
管理費用0.59
総経費率0.507%

セゾン・バンガード・グローバル バランスファンドは世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散されているので、リスクを抑えたファンドとなっています。株式50%、債券50%を維持するために比率を調整しています。

管理費は他のファンドと比べると高いですが、債券が50%を占めているので、ディフェンス面に優れた商品だといえます。

8位:楽天・全米株式インデックス・ファンド

8位に選ばれたのは、楽天投信投資顧問が運用している、楽天・全米株式インデックス・ファンドでした。概要は以下の通りです。

名称楽天・全米株式インデックス・ファンド
運用会社楽天投信投資顧問
投資対象CRSP USトータル・マーケット・インデックス
構成銘柄数約4,000社
純資産額4,418.98億円
販売開始2017.09.29
申込手数料0円
管理費用0.162%
総経費率0.157%

楽天・全米株式インデックス・ファンドは米国の大型~小型株約4,000社で構成されています。 これ一本で米国に上場しているほぼすべての銘柄に投資することができます。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)に次いで、楽天証券の買付、積立設定件数ランキング2位の人気ファンドです。

9位:たわらノーロード先進国株式

9位に選ばれたのは、アセットマネジメントOneが運用している、たわらノーロード先進国株式でした。概要は以下の通りです。

名称たわらノーロード先進国株式
運用会社アセットマネジメントOne
投資対象MSCIコクサイ ・インデックス
構成銘柄数約1,300社
純資産額1,603.09億円
販売開始2015.12.18
申込手数料0円
管理費用0.10989
総経費率0.179%

たわらノーロード先進国株式は、eMAXIS Slim 先進国株式インデックス、ニッセイ外国株式インデックスファンドと同じく、日本を除く先進国22ヵ国に上場する大~中型株約1,300銘柄で構成されています。

総経費率は0.179%となっており、eMAXIS Slim 先進国株式インデックス(0.146%)、ニッセイ外国株式インデックスファンド(0.160%)より少しコスト高となっています。

10位: SBI・V・全米株式インデックス・ファンド

10位に選ばれたのは、SBIアセットマネジメントが運用している、SBI・V・全米株式インデックス・ファンドでした。概要は以下の通りです。

名称SBI・V・全米株式インデックス・ファンド
運用会社SBIアセットマネジメント
投資対象CRSP USトータル・マーケット・インデックス
構成銘柄数約4,000社
純資産額486.80億円
販売開始2021.06.29
申込手数料0円
管理費用0.0938%

SBI・V・全米株式インデックス・ファンドはSBI証券が販売する人気シリーズです。楽天・全米株式インデックス・ファンドと同じく、米国の大型~小型株約4,000社で構成されています。

2021年6月から販売開始された新しいファンドが10位にランクインしています。

SBI・Vシリーズは「SBI・S&P500」、「SBI・全世界」、「SBI・高配当株」が販売されており、来年のランクインが期待されます。

まとめ

2022年1月22日に「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2021」の表彰式がオンラインで開催されました。

2021年最も支持されたファンドは、三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」でした。これで2019年から3連覇となりました。

バンガード社が運営している「VT」と同じ値動きをするファンドですが、買付手数料0円、為替ヘッジ無し、分配金再投資、積み立て設定、低コストで運用可能な優れた商品です。

これから投資を始める方は参考にしてみてください。

▼楽天証券で購入可能なステート・ストリートETF「21種類」を解説

楽天証券で購入可能なステート・ストリートETF「21種類」を解説楽天証券で購入することができるステートストリートETF(21種類)について解説しています。SPYはS&P500指数に連動したETFで運用資産は世界最大となっています。...

▼【徹底比較】全世界株vs米国株どちらに投資をするべきか解説

【徹底比較】全世界株vs米国株どちらに投資をするべきか解説全世界株で構成された「VT」と米国企業で構成された「VTI」について徹底比較しています。どちらもバンガード社が運営する経費率が低い優秀なETFとなっています。...