配当金

【配当金】インカム投資家が保有したいおすすめ高配当株について

今回はインカムゲイン狙いの投資家が保有したい高配当が期待できる銘柄について解説していきます。

インカム投資家が保有したい高配当株

【ABBV】アッヴィ

アッヴィの特徴は以下の通りです。

  • 世界第7位の先発医薬品開発企業(売上ベース)
  • 47年連続で増配している配当貴族
  • 関節リウマチ薬のヒュミラを販売

アッヴィは米国の大手製薬企業であり、2013年に米国の大手製薬企業アボット・ラボラトリーズからの分社独立により設立しています。

特に免疫疾患の治療薬開発に強く、同社の売り上げの多くを占めています。

同社の売り上げの80%は世界最大のヘルスケア市場である米国市場から得ています。

主力商品は関節リウマチ薬のヒュミラです。

米国での売上は同社売上全体の35%を占めています。

株価は2018年に123ドルから半分近くまで下落していますが、コロナショック以降は持ち直しています。

出所:ブルームバーグ(2021/3/18)

アッヴィは47年連続で増配を続ける配当貴族です。

配当利回り4.69%は高い水準となっています。

主力商品のヒュミラが2023年に特許が切れるため、売上の推移には注意が必要です。

【XOM】エクソンモービル

エクソンモービルの特徴は以下の通りです。

  • 世界200ヵ国以上で事業を展開している
  • 37年連続で増配していた配当貴族
  • EssoやEXXONなどのブランドを展開

エクソンモービルは米国に本社を置く、総合エネルギー企業です。

石油メジャーの最大手であり、スーパーメジャーと呼ばれる6社のうちの1社です。

世界各地で事業を展開しており、石油を中心としたエネルギー資源の探鉱や生産、輸送、精製から販売までの事業をまとめておこなっています。

日本でもガソリンスタンドのEssoも同社のブランドになっています。

株価はコロナショックや石油価格の大幅な下落の影響から大幅に下落しています。

2021年に入ると株価は60ドル付近まで回復しています。

出所:ブルームバーグ(2021/3/18)

エクソンモービルは2020年まで37年連続増配の実績をもつ高配当株です。

配当利回り5.90%なので高い水準となっています。

同社は今後クリーンエネルギーへの事業展開がカギになってきます。

【ED】コンソリデーテッド・エジソン

コンソリデーテッド・エジソンの特徴は以下の通りです。

  • 再生可能エネルギーの導入にも力をいれている
  • 46年連続で増配している配当貴族
  • 米国で約350万人の顧客をかかえる

コンソリデーテッド・エジソンは米国のエネルギー事業を展開する企業です。

「コン・エド」の愛称で親しまれているニューヨークを中心に電気・ガスを供給しています。

公益事業セクターは、電力・水道・ガスなどインフラ系の安定性を強みとして持つセクターです。

株価はコロナショック以降の水準まで戻っていません。

出所:ブルームバーグ(2021/3/18)

コンソリデーテッド・エジソンは46年連続で増配を続ける配当貴族です。

配当利回りは4.32%なので高い水準となっています。公益事業セクターの中央値が3.35%なのでそれを上回る値です。

公益事業セクターは不況に強い特徴を持っているので、ディフェンシブな銘柄としておすすめです。

まとめ

今回はインカム投資家がもつべき銘柄について解説してきました。

継続的な配当金は投資家にとっては重要な収入源となります。

長く配当金を出し続けている企業は社会の変化に柔軟に対応している証でもあります。

これから投資をはじめる方は参考にしてください。