ETF

【HDV】iシェアーズ・コア米国高配当株ETFが10%の減配を発表

現地時間9月24日に【HDV】iシェアーズ・コア米国高配当株ETFが10%の減配を発表しました。

1株あたり0.7641ドルの支払いとなっています。2020年9月は1株あたり0.8508ドルだったので、前年同月比で10%の減配となりました。

1株あたりの配当と増配率

1株あたりの配当と増配率は以下の通りです。

HDVの1株あたりの配当は0.75ドル~0.9ドルで推移しています。

2020年は2桁の増配率を達成しておりますが、2021年は減配が続いています。

HDVは配当能力が高い米国74社で構成されています。

2011年3月に設定されているので、今年で10年目を迎えています。

高配当ETFとの比較

代表的な高配当ETF(SPYD,VIG)と比べると以下の通りです。

ティッカーHDVSPYDVIG
名称iシェアーズ・コア高配当株ETFS&P500高配当ETF米国増配株式ETF
構成銘柄数7480248
設定日03/31/201110/22/201504/27/2006
純資産(十億ドル)7.2084.75362.589
配当利回り3.21%3.92%1.77%
経費率0.08%0.07%0.06%

配当利回りや経費率は【SPYD】S&P500高配当株式ETFに近い水準となっています。

HDVの構成銘柄は74社なのでVIGに比べるとやや少なめです。

構成銘柄

構成銘柄上位10社は以下の通りです。

社名(ティッカーシンボル)構成比率
【XOM】エクソンモービル8.3%
【JNJ】ジョンソンエンドジョンソン7.1%
【VZ】ベライゾンコミュニケーションズ6.3%
【CVX】シェブロン6.0%
【PG】P&G5.9%
【PM】フィリップスモリス5.0%
【CSCO】シスコシステムズ4.2%
【AVGO】ブロードコム4.1%
【KO】コカ・コーラ4.1%
【MRK】メルク4.1%

エクソンモービルやシェブロンなどエネルギーセクターに加えてP&Gやコカ・コーラなど生活必需品セクターの割合も多くなっています。

HDVは設定日から10年しか経過していないので、ITバブル崩壊やリーマンショックなどの暴落局面を経験していません。

過去5年間の株価推移

HDVの株価は以下の通りです。

HDVの過去5年推移の株価推移は+14.05ドル(17.29%)となっています。

2020年のコロナショックでは最大31%の下落となっています。

6月頃には上場来最高値の99ドルまで上昇していますが、現在は95ドル前後で推移しています。

株価が上昇していても配当利回りは3.21%と高いです。

2022年にはテーパリングが始まる可能性があるので、株価は調整期間にはいる可能性があります。

まとめ

現地時間9月24日に【HDV】iシェアーズ・コア米国高配当株ETFが10%の減配を発表しました。

1株あたり0.7641ドルの支払いとなっています。2020年9月は1株あたり0.8508ドルだったので、前年同月比で10%の減配となりました。

HDVの配当利回りは3.21%と優秀です。

しかしHDVは景気敏感セクターの構成比率が高く、経済状況により減配の可能性があります。

HDVへの投資は慎重に行っていきましょう。