個別株

【楽天証券】楽天ポイントで米国株や米国ETFが購入可能になります

楽天証券は2021年12月26日(日)以降、楽天ポイントで米国株式やETFが購入可能になります。

これまで投資信託の積立にポイント利用が出来ていましたが、これからは米国株式やETFの購入ができるようになりました。ポイントで米国株を購入できるのは業界初となっています。

また米国株式に積立投資ができるサービスも追加されます。米国積立はSBI証券がサービス提供していますたが、楽天証券が追いつく形となりました。さらに楽天証券ではポイントで投資できるようになったことで一歩リードしています。

楽天証券で購入できるETFに関する記事はこちらです。

今回は楽天証券の新サービスについて解説します。

新サービスの概要

サービス概要

楽天証券の新サービスは以下の通りです。

  • 米株積立サービス
  • 楽天ポイント投資(米国株式・ETF)

楽天証券は26(日)から米株積立サービスと楽天ポイントを使用して米国株式・ETFが購入可能になる新サービスを開始します。米株積立サービスはSBI証券が提供していましたが、楽天証券も追随する形となりました。

楽天ポイントを使って米国株式とETFが購入できるのは業界初のサービスです。また米株積立サービスにも楽天ポイントを使用することができるので、SBI証券を一歩リードしています。

米株積立サービス

米株積立サービスの概要は以下の通りです。

対象銘柄約4,500銘柄(ADRとETF、ETNを含む)
決算方法●米ドルによる「外貨決済」
●日本円による「円貨決済」
積立指定日毎月/毎週/ボーナス月増額設定
設定単位●最低設定金額:1万円(外貨決済の場合、1万円相当額)
●金額指定:外貨決済(1米ドル単位)、円貨決済(1円単位)
●株数指定:1株単位
積立方法株数指定/金額指定
対象口座「特定口座」
●「一般口座」
●「NISA口座」
手数料通常の委託取引と同様の手数料

米株積立サービスはあらかじめ設定した条件で自動的に買い付けを行うので、「ドルコスト平均法」を生かすことができます。株価は誰にも予想することができないので、定期的な購入は初心者向けの投資手法になっています。

また自動で買い付けを行うので、タイミングに迷うことなる取引ができます。

対象は楽天証券で取り扱っている約4,500銘柄です。あまり聞きなれないかもしれませんが、米国預託証券(ADR)なども含まれています。VTIやVOOなどの人気ETFも積立が可能となっています。

取引手数料は、約定代金の0.495%(税込)で上限は22米ドル(税込)です。商品の中には取引手数料がかからない銘柄も存在しています。

取引手数料が無料の対象銘柄は以下の通りです。

  • 【VT】バンガード・トータル・ワールド・ストック ETF
  • 【VOO】バンガード・S&P500 ETF
  • 【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケット ETF
  • 【SPY】SPDR S&P500 ETF
  • 【RWR】SPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF
  • 【GLDM】SPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト
  • 【AIQ】グローバルX AIビッグデータ ETF
  • 【FINX】グローバルX フィンテック ETF
  • 【GNOM】グローバルX ゲノム&バイオテクノロジー ETF

1回あたりの手数料は微々たるものかもしれませんが、投資期間が長期になればなるほど、トータルリターンに影響してきます。1回あたり1万円を毎月積立すると、年間で594円の手数料を支払うことになるので、コストを抑えたい人はVTIやVOOがおすすめです。

楽天ポイント投資(米国株式・ETF)

楽天ポイント投資の概要は以下の通りです。

対象銘柄約4,500銘柄(ADRとETF、ETNを含む)
対象注文米国株式の買い注文※円貨決済のみ
ポイント利用方法1ポイント1円から利用可能
利用方法は
●すべての利用可能ポイントを使う
毎日の利用上限ポイント:○○ポイント使う
毎月の利用上限ポイント:○○ポイント使う
対象ポイント楽天ポイント
対象口座「特定口座」
●「一般口座」
●「NISA口座」
手数料無料

楽天ポイント投資は、米国ETFを含む米国株式の購入金額、手数料の全額または一部に「楽天ポイント」の利用可能になるサービスです。ポイント残高が不足している場合は、利用可能なポイント数を優先的に使い、残りは現金で投資します。

楽天サービスを利用していれば、楽天ポイントの使い道に悩む人も多いのではないでしょうか。一度、ポイント設定を行えば、設定内容に基づき自動的に利用することができます。

対象ポイントは「楽天ポイント」ですが、期間限定ポイント、他ポイントから交換して保有している楽天ポイント、楽天証券ポイントは利用できないので注意が必要です。

ポイントを使い切るために「すべての利用可能ポイント使う」設定をしておけば、期限が切れて失効する心配もありません。また米株積立にも利用できるので、計画的にポイント利用、資産形成をすることができます。

こちらも手数料がかからない「VTI」や「VOO」がおすすめです。

詳細は楽天証券のHPをご覧ください。

待望の米株積立スタート&業界初!米国株式も「ポイント投資」可能に(12/26~)

まとめ

楽天証券は26(日)から米株積立サービスと楽天ポイントを使用して米国株式・ETFが購入可能になる新サービスを開始します。

米株積立サービスはSBI証券の「米国株式・ETF定期買付サービス」に追随する形となりました。これまで楽天証券をメイン口座にしている人にとっては嬉しいサービスだと思います。

ETFを含む米国株式は自分のタイミングで売買する必要がありましたが、このサービスを使えば機械的に行ってくれます。自動で買い付けでくれるので、売買のタイミングに迷う心配がありません。

「VTI」や「VOO」のような優れたETFに限っては買い付け手数料もかからないので、このタイミングで検討してみてください。

VOOやVTIのような優れたETFを買付手数料で取引できるのもメリットが大きいです。

▼楽天証券で購入可能なステート・ストリートETF「21種類」に関する記事はこちらです。

楽天証券で購入可能なステート・ストリートETF「21種類」を解説楽天証券で購入することができるステートストリートETF(21種類)について解説しています。SPYはS&P500指数に連動したETFで運用資産は世界最大となっています。...

▼【QQQ】GAFAMにまとめて投資ができるQQQに関する記事はこちらです。

【QQQ】GAFAMにまとめて投資ができるQQQについて解説GAFAMにまとめて投資ができるQQQについて解説しています。QQQはナスダック100指数に連動したETFです。GAFAMの組み入れ比率は40%をこえています。株価は5年間で230%の成長しています。GAFAM投資の最適性はQQQです。...